DIARY

5月15日にHPでの近況報告をして以降、近況報告を書くのが辛くなるほどオリオンさんの容体は少しずつ悪くなったり良くなりを繰り返し、いつ皆様に安心して頂けるご報告が出来るのかと思っていたのですが、ここ2日間で急に歩行が困難になり立っているのが精一杯になる状態になってしまいました。原因は5月初旬に第五頸椎の骨折による神経圧迫の影響によるもので、最後は前足1本だけで体を支えないといけないほど辛そうでした。それでも会いに来てくださった方の人参は喜んで食べてくれたそうで、食欲が落ちて飼葉を残した時でも届いた人参を刻んで混ぜてあげると食べ始める程、皆さんの温かいお心がオリオンさんを今日まで支えてくれてました。夕方頃には容体が急変し立ち上がるのも困難になり苦渋の決断でしたが安楽死を選び駆け付けてくださった引退馬協会様の方々と一緒に本日18:30頃に最後を看取りました、大粒の涙をながしながらオリオンさんは安らかに眠りにつきました。こんなに優しく大らかなオリオンさんに出会えてお世話出来き感謝の気持ちでいっぱいです、これからは一人一人の心の糧と宝物として生き続けていくと思います。辛いご報告になってしまいましたが、今日まで支えてくださった皆様に感謝を申し上げ最後のご報告とさせて頂きます。(写真は、駆け付けてくださった方から人参を貰い食べている様子です。撮影時間、本日、14:00頃です)